裏話 第4話 「生活習慣病について」~~ここまでは無症状。でも…

裏面の健康うら話 第4話
「生活習慣病について」~~ここまでは無症状。でも… (2010年4月作成)
 以前は、年のせいなので仕方ないでしょう、という意味の「成人病」と言われていました。でも、「普段の生活習慣が原因で起きる病気なんですよ」ということで「生活習慣病」と名前が変わりました。最近は関連した「メタボリック症候群」なんていう言葉も聞かれるようになりました。
 第1段階) 原因となる生活習慣 (楽しいけど、または楽チンだけど、実は健康に悪い生活)
美味しいお料理はたくさん食べたくなるものです。好きなお酒をたくさん飲みたいという方もいるでしょう。あるいは、ついタバコを吸ってしまうという方もいると思います。また、体を動かすと疲れるので、運動不足気味という方もいると思います。
 このような楽しい、あるいは楽チンな生活は、実は健康に悪い影響を与えることが多いのです。
 第2段階) 生活習慣病 (ここまでは、ほとんどが無症状。調べたり測らないと分かりません。)
先ほど述べた健康に良くない生活習慣を続けていると、肥満になったり、(悪玉)コレステロールが上がったりします。または、血糖値が上がったり、あるいは動脈硬化が進んだりします。そうすると、高血圧、高脂血症(脂質異常症)、糖尿病、肥満などが起きてきます。
 実はこれらは何かを測らないと分かりません。肥満も見た目には太るので分かりますが、体重計に乗らないと正確には分かりません。血圧は測らないと気づきません。つまり、高血圧はほとんど無症状なのです。糖尿病も脂質異常症も血液検査をしないと分かりません。
 第3段階) 脳卒中や心筋梗塞、癌 (あるとき突然発病したり、気づいたら手遅れ…。)
さて、上記の生活習慣病を長年放置すると、その結果、突然血管が破れたり詰まったりします。あるいは、生活習慣病は多くの癌の危険因子に名を連ねています。
 たとえば、心筋梗塞で突然の胸痛を起したりします(ごく一部の人はそのまま帰らぬ人に…)。または、脳卒中(脳梗塞や脳出血)を起して、急に呂律が回らなくなったり、手足が麻痺して障害が残ったり、もしくは死亡したり等ということがあります。こうなってからでは手遅れです。
 まとめ)上記の第2段階までは無症状ということがポイントです。気づいたら、すでに第3段階で、「時すでに遅し」となるわけです。第2段階までの間に手を打っておきたいものですね。
 おまけ)頭痛やめまいも生活習慣が原因?
頭痛やめまいの多くは、姿勢の悪さや運動不足(じっと同じ姿勢を続けるなど)が原因です。その場合は、薬を飲むだけでは治らず、そういう点を改める必要があります。頭痛やめまいの多くも、広い意味での生活習慣病かもしれませんね。
※院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。バックナンバーのネット上公開版です。 
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


裏話 第3話 「睡眠について」~~不眠とは? 適切な睡眠時間は? 

裏面の健康うら話 第3話
「睡眠について」~~不眠とは? 適切な睡眠時間は? (2010年2月作成)
不眠で悩まれている方も多いと思います。また不眠ではないけれども、適切な一日の睡眠時間ってどれぐらいだろう?とご興味のある方も多いでしょう。
今回はそんな睡眠に関する話題を取り上げたいと思います。先に結論を言いますと…
・個人差があり、適切な睡眠時間は人それぞれである
・年齢が進むにしたがって必要な睡眠時間は減る ……ということです。
まず、「個人差がある」といいましたが、かつて米国で100万人を対象に行われた大規模調査の結果では、1日7時間の睡眠をとっている人の6年後の死亡率が最低だったそうです。
実際に平均睡眠時間は7時間という人は多いようです。でも、睡眠は5時間で充分という人もいるでしょう。逆に8時間寝ないとダメだという人もいるかも知れません。
ただし、先ほどの調査では、単に平均値として、「6年後の死亡率が低い」という結果のもとに論じています。また、100万人には重い病気で長時間寝ている人も含まれています。そういう人は結局死亡しますので、平均値を押し上げている可能性があります。
ですので、必要以上に数字に振り回されてはいけません。やはり、自分でちょうど良いと思っている睡眠時間が適切でしょう。もし睡眠不足である場合は、日中眠くなりますし、睡眠が足りていると眠くならないものです。逆にそういう観点からチェックもできます。
なお、起床(覚醒)直後は誰でも少々眠気を感じ、頭がスッキリしないものです。むしろ、スッキリしているときは少々寝過ぎの可能性もあります。(これも個人差がありますが…)少なくとも、朝起きた直後に少々ボーッとしているからといって、睡眠不足と断定はできません。
もう一つ大切なことは、加齢とともに必要な睡眠時間は減少するということです。したがって、若い頃と比べすぎない方が良いと思います。しばしば「若い頃は8時間寝ていたのに、今は途中で目が覚めて5時間しか寝られない」等というお話を聞きますが、あまり気にし過ぎず、現在の体調で判断すればよいと思います。
「快眠のための生活習慣」という、不眠改善に役立つ十数項目のリストがあります。ご希望の方には差し上げますので、院長にお声をおかけ下さい。睡眠薬を試みる前に試みてもよいでしょう。または現在使用している睡眠薬の量を減らすのに、役立つのではないかと思います。睡眠薬を毎晩連用するのはよくありませんから。
※院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。バックナンバーのネット上公開版です。
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


不許葷酒入山門 & 鮭鮫鱈鯉++

「不許葷酒入山門 & 鮭鮫鱈鯉」
禅宗のお寺の入り口には,「不許葷酒入山門(葷酒山門より入るを許さず)」や,
「禁葷酒(葷酒を禁ず)」 といった文字が彫られた石柱(戒壇石)が立っているこ
とがあります。 葷(くん)や酒は寺の中には入れてはいかん! ! ということなので
すが,この「葷」こそ、精進料理で使っても食べてもいけない野菜のことなのです。
五葷とも,五辛(ごしん)とも呼ばれる5種類の食べてはならない野菜。 実は,
この5種類の組み合わせは 国 ・ 時代 ・ 宗教 ・ 思想 によって異なりますが、
大まかに言うと「にんにく」「ねぎ」「玉ねぎ」「にら」「らっきょう」の5つです。
つまり臭いの強い物のようです。その他に「山椒」や「生姜」が含まれる場合もあり
ます。
でも,ご存知の通り,上手く隠れて食べていたようですし,酒も飲んでいたようで
す。
さて,ここからが本題です。むかしある禅寺の粋な御住職が「いくら戒律とはいえ,
なんて野暮な言い方だろう。ちょいと変えてみよう」というわけで,酒の肴づくし
で言ってみようと,戒壇石の脇に…
「鮭鮫鱈鯉」と書きました。鮭(さけ)鮫(さめ)鱈(たら)鯉(こい)。つまり
「酒醒めたら来い」。酒は飲んでも良いけど,醒めてから山門をくぐりなさい,という
わけです。
昔のお坊さんもなかなか粋だねと感心していると,その山門の前を通りすがった
酔っぱらい,じ~っとその文句を見ていたが「へ~っ,魚できやがったかぁ,よし俺は
虫でいってやろうじゃねぇか」と,その横に…
「蛇蛙蚊」と書いたのです。続けて読むと「じゃあ,帰るか」って,これもお見事!
※注釈
上記は,日本笑い学会新聞の「笑いま専科」というコラム欄に中央群馬脳神経外科の
中島英雄先生がお載せになっていた文章より内容を拝借しました。
日本笑い学会の理事である中島先生は脳神経外科医&噺家です。(十代目桂文治門下
で「桂 前治(ぜんじ)」という真打ちです。)中央群馬脳神経外科病院では院内寄席を
月に1回開催していて、中島先生は自ら高座に上がっています。
詳しくは下記のHPをご覧下さい。
日本笑い学会
http://www.age.ne.jp/x/warai/
中央群馬脳神経外科病院
http://www.geocities.jp/central_gunma_neurosurgical/
(さらに蛇足:上記の同院HPで見つけた素敵な言葉…
… 「ご自身の健康こそ 家族への最良の愛」)
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


裏話 第2話 「血圧の上下について」~~気温や株価と同じ

裏面の健康うら話 第2話
「血圧の上下について」~~気温や株価と同じ (2009年12月作成)
 「病院と家で血圧の数字が違います。家でも測るたびに変わります。どちらが正しいのでしょうか?」…という質問をよく受けますが、「どれも正しいのです」とお答えしております。
血圧は常に変動します。その時々で変わります。だからどれも正しいのです。気温や株価みたいなものです。気温が高い日もあれば、低い日もあります。朝と晩でも違います。季節によっても変化します。
株価も会社の業績に左右されて上下したり、景気に左右されて値が変わります。血圧もそれらと同じです。どの値も本当です。その時その時の正しい数字です。ただ、値が上下に動くだけです。
そして、血圧も気温も株価も、何か原因があって上下するその結果です。気温は季節によっても変わりますし、雲の多い少ないや、風によっても、潮によっても変わります。それらも、結果なわけです。
心身の状態に変化があると、その結果、血圧は上下します。疲れても、どこか具合が悪くても(痛くても)、腹を立てても、睡眠不足でも、血圧は上昇します。
ですので、血圧の上下を必要以上に気にしない方がよいと思います。
でも、長期にわたる平均的な血圧の上昇は体に影響を与えます。高血圧を放置すると、動脈硬化などを起こして、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。したがって、定期的に測って、いつもの血圧を知っておく必要があります。
まとめると、定期的なご家庭での血圧測定は大切です。
でも、血圧の上下を気にし過ぎてはいけません。
(よくないことは、
・血圧を必要以上に測りすぎて、その上下を気にし過ぎること
・全く血圧を測らないこと…です。 やはり、ほどほどがいいですよね。)
(降圧剤内服中の血圧低下を監視する目的でも血圧測定は大切です。1日一度測定するならば、朝がお勧めです。その場合は、起床後、排尿を済ませて、2~3分くつろいでから測定するのが、正しい方法です。)
※参考)正常値(目標値)は135/85以下です。
(上の数字か下の数字のどちらか一方でも、オーバーしていると、要注意です。)
高血圧については、当院HPの「症状と病気」のページ(下記URL)にも解説がございます。
http://www.kobushi-clinic.com/symptom_disease.htm
※院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。バックナンバーのネット上公開版です。 
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


フットバス

以前(寒い季節ですが…),旅行で上諏訪温泉まで行ってきたときのお話しです。
温泉旅館で宴会をして,諏訪大社へお参りし,北沢美術館を見て,上諏訪の駅まで
戻って来ました。
帰りの特急が来るまで20分ほど待ち時間がありました。
ふと見るとホーム(上り1番線ホーム)に足湯があるではありませんか!
早速中に入り靴下を脱いでお湯に漬かりました。
やや熱めの程良い湯加減です。
身体の底から暖まる感じですね。
足湯を英語で言うとフットバスです。
フットバスで
疲れを
吹っ飛ばす
…なんちゃって
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


不屈のユーモア精神

日本笑い学会の研究会誌に学会会長の井上氏が書いていた文章をご紹介いたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~
阪神淡路大震災で、顔見知りが通りがかった。
「お宅はどうでっか?」と被害を心配する知人に、
「イヤー、うちは貴乃花ですわ!」と走り去った。
当時、貴乃花は「全勝」街道まっしぐら。
そのおじさんの家は全焼だったのですが、
「全焼」を「全勝」にかけて、
自分の不幸を笑い飛ばした。
不屈のユーモア魂。
~~~~~~~~~~~~~~~~
う~ん,いいですね。
にもかかわらず,笑うこと
…というデーケン博士の言葉を思い出します。
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


裏話 第1話 「薬の不具合について」~~副作用などについて

裏面の健康うら話 第1話
「薬の不具合について」~~副作用などについて (2009年10月作成)
(1)どういう可能性があるの?
薬を飲んでいて不具合が起きることがあります。
それは、一般的には「副作用」と呼ばれております。
その中には、本当の副作用とそうでないものがあります。
では「そうでないもの」とは何でしょうか?
・心理的なもの(自分は薬に弱いと思いこんでいる、薬は怖いものだと思いこんでいる等の場合)
・時を同じくして偶然に起きたほかの病気または、薬以外の他の原因で起きた病気
…などです。これらは副作用とはいえません。
したがって、薬を飲み初めて不具合が起きたときには、すぐに薬の副作用だとは断定できません。
もちろん、薬の副作用である可能性も多いのです。
では、どうしたらよいのでしょうか?
(2)不具合が起きたときの対応
 当院から処方された薬を使用して何か不具合が起きた場合は、まず、すぐに来院くださるか、連絡ください。連絡先は薬を受け取った薬局でも当院でも結構です。そのときには、次のことをいたします。
(2-1)副作用かどうかの判断
 副作用でないと判断されたら、お薬は続けることとし、その不具合を対処します。お薬を出す場合もありますし、専門医を紹介する場合もあります。
 もし、副作用なら次の(2-2)へ進みます。
(2-2)副作用であった場合、それについての対処
 そのお薬の役目が終わっていたら、単に中止とします。副作用があったものの、まだそのお薬が必要な状況ならば、代わりの薬(類似の作用の別の薬)を処方します。
 まとめますと、大切なことは「お薬を使って、不具合が起きたときには、まず、すぐに連絡くださるか、来院ください。」ということです。
※院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。バックナンバーのネット上公開版です。
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


裏話 第0話 「はじめに」

裏面の健康うら話 第0話
「はじめに」
当院では、初めて受診された方や、久しぶりに来院された方へのご案内を、窓口でお渡ししております。診療時間や当院からの連絡事項やお願いなどを書いたご案内です。
その裏面に、「裏面の健康うら話」と題して、色々なお話を取り上げて、回を重ねてまいりました。約2ヶ月に1回内容を新しいものに変えてきました。
主に健康に関する一般的な話題について書いてまいりましたが、今後は、まさに医療の”裏話”も取り上げてゆきたいと思っています。
過去の物を読みたいというご要望も頂戴しましたので、現在は1冊のファイルにまとめまして待合室に置き、自由にお読みいただいております。ご希望の方には、コピーも差し上げております。
この度、この「裏話」シリーズを、こちらでも公開することにしました。院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。すなわち、バックナンバーのネット上公開版です。
「裏話」シリーズをお読みいただくと、当院のことをご理解いただく一助にもなるのではと思います。お時間のあるときに、下記の当院ホームページも併せてご覧下さい。
今後とも宜しくお願いいたします。
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


ごあいさつ

こぶし脳神経クリニック院長の松山です。
このたび、このページを開設いたしました。
ブログの形態をとっておりますが、ブログではありません。内容は不定期に更新してまいります。
医学情報や医療裏話、ちょっとついでの一言(まあ蛇足みたいなものです)等を書いてゆきたいと思います。
なお、「裏話」は、院内で配布している案内の裏面に「裏面の健康うら話」とシリーズで書いているお話です。こちらでも公開することにしました。
(公開して後悔することにならなければいいのですが…。)
また、待合室にパワーポイントで作成したご案内を流しております。(電子掲示板と称しております。)その内容の一部もこちらで順次ご紹介してゆきたいと思います。
ときには、ジョークなどや私が所属している「日本笑い学会」で得た情報なども書いてみたいと思います。
ご興味がありましたらお時間のあるときにお立ち寄り下さい。
宜しくお願いいたします。
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千