裏話 第7話「薬ができるまで」~~バイアグラ開発秘話

裏面の健康うら話 第7話 
「薬ができるまで」~~バイアグラ開発秘話(2010年10月作成)
 副題の「バイアグラ」に目が留った御仁もおられるかも知れませんが、まずは薬の開発から…。
 (1)研究開発
 製薬会社では基礎研究を重ね、化学合成をしたり抽出したりして新しい薬を開発します。まずは試験管内で有用性を確認し、さらに動物実験で効果や副作用などが確認されると、新薬の候補になります。次はいよいよ実験室を離れて、医療機関における臨床試験へと進みます。
 (2)臨床試験
 最初は健康な人で安全性を確認します。次に患者さんにおいて有効性と安全性を確認します。通常は8年程度の期間をかけ、延べ1万人という多くの患者さんで効果や副作用を確認した後、ようやく厚生労働省によって新薬として製造ならびに販売の承認がなされます。
 ここで、「プラセボ」という言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。「プラセボ効果」とは「偽薬効果」という意味で,薬を内服したことにより,それだけ心理的に効果があると思わせる現象(効果)です。なので,不定愁訴の方には砂糖などを「お薬ですよ」と伝えて内服してもらうと、それだけで症状が消えることがあります。(この場合、砂糖が偽薬に相当します。)
 一定の確率でその様な効果があることは知られていますので,その薬に本当の治療効果があるかどうかは,他の薬(既存の治療薬またはプラセボ)と比較して統計的に有意差があるかどうかで判定します。それに合格してはじめて、厚生労働省から製造および販売の許可がおりるのです。
(3)バイアグラ開発秘話 (なお、専門外ですので、当院でバイアグラは扱っておりません。)
 むかし,英国ファイザー研究所でクエン酸シルデナフィルという薬品が合成されました。当初,抗狭心症薬として開発が進められましたが,残念なことに臨床試験でその有用性が認められませんでした。(多くの患者さんのデータを集計した結果,統計的には狭心症に対する治療効果があるとは言えませんでした。)従って,その狭心症治療薬は発売には至りませんでした。
 臨床試験の終了後、残った薬を回収しようとしたところ,思わぬ副作用に喜んだためか,返却したがらない人が何人もいたそうです。しかも男性ばかり。その副作用とは,陰茎勃起の発現でした。多くの被検者(試験に協力した患者さん)からその副作用報告があったのです。
 というわけで,ファイザー製薬は,その薬の商品名を「バイアグラ」として,販売を開始しました。名前の由来はvital(生きいきした)とNiagara(ナイアガラ)の合成だそうです。狭心症治療薬開発失敗であきらめず、勃起不全治療薬として路線変更したのが成功の秘訣でした。
▼▽▼ 過去の「裏面のうら話」をご希望の方はスタッフまでお声をおかけ下さい。 ▼▽▼
※院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。バックナンバーのネット上公開版です。 
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/


未来人

佐藤診療所から配信しているメルマガより許可を得て引用します。
=====以下、引用です。=====
◎「未来人」 
 人類の祖先は氷河期を経て、飢餓に耐えて子孫を残してきました。時折水だけで2ヶ月間漂流して助かったというニュースを聞きますが、大抵の方は2ヶ月くらい食べ
なくても水さえあれば生き延びることが出来ます。遺伝的に飢餓には相当強い遺伝子を持っています。
 しかし、飽食の時代になったのは最近の100年くらいですから、沢山食べても糖尿病、高血圧、高脂血症にならないでいられる遺伝子は持っていません。
 一般的にですが、飽食で高血圧、糖尿病、高脂血症になる人は早死にしてゆきますから、もう100万年もすれば、いくら食べても太らず糖尿病、高血圧、高脂血症にもならない人類が生き残っているかもね。
 まぁその頃には我々は生きてはいないだろうけどねぇ。
~~世田谷区用賀の佐藤診療所(03-5491-7745)からのメルマガより
=====以上、引用でした。=====
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


人は我が鏡である。

人は我が鏡である。
自分を取り巻く一切に自分が映っている。
自分が変われば,相手も変わる。
~~どこかのカレンダーにあった言葉
実は万象我師の一節のようですね。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


第3回お楽しみ会の御礼

無事に第3回お楽しみ会を11月7日(日)に行うことができました。
ご出席くださった皆様、立川落語会の皆様、会場を提供してくださった大家さんほか関係者の皆様に御礼申し上げます。
次回は平成23年5月8日(日)を予定しております。
(年2回ですが、台風が来なくて、雪も降らず、あんまり忙しくない5月&11月という方針で行っております。)
今後とも宜しくお願い申し上げます。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


Today is the first day of the rest of your life.

Today is the first day of the rest of your life.
 直訳「今日は,あなたの残りの人生の最初の1日目だ」
 早石氏意訳「人生はこれからだ。今日からまた頑張ればいい」
~~早石修(生化学者・京都大学名誉教授)のボスの言葉
(「今気付けば遅くはない。これから始めればいい」とも言い換えることができると思います。
 …..すると「思い立ったら吉日」と似ているかも知れません。/松山注)
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


第3回お楽しみ会:出演者と演目のご案内

第3回お楽しみ会:出演者と演目のご案内
11月7日に予定している第3回おたのしみ会の出演者と演目が決まりましたので、ご案内いたします。
出演者:
立川落語会の笑南亭南笑さんと立川亭ポ蘭さんのお二人です。
演目:
南笑「手紙無筆」
ポ蘭「王子の狐」
南笑「鹿政談」
…の3席です。
お電話もしくは窓口で予約を受け付けております。
是非ご参加下さいますよう、お待ちしております。
                                     
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
042-548-1374
松山 眞千

確率の話(血液型の話)

何年か前のある飲み会でのことです。6人の男女で飲んでいました。話の流れで血液型の話題になったんです。
なんと,全員がAB型だったんです。
…こんなことってあるんですねぇ。
ちょっとその確率を計算してみましょう。
「無作為に6人の日本人が集まっている場合,その全ての人の血液型がAB型である確率を求めよ。」…という数学の問題ですね。
ここで,日本人の血液型の比率は,おおまかに…
A型=40%,B型=30%,O型=20%、AB型=10%です。
すると,全員AB型である確率は「10分の1」の6乗になります。つまり,1の後にゼロが6つ。なんと,100万分の1の確率です。めっずらし~~。
ちょっと皆引き気味でした(笑)。もちろん、「またこの6人で会おう。」なんていう話には,一切まったくなりませんでした。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
AB型の松山 眞千


第3回お楽しみ会★予約受付開始

第3回お楽しみ会のご案内

前略
9月16日にご案内した、第3回お楽しみ会ですが、演目は来週ぐらいにご案内できると思います。
予約の受付は開始いたしました。
窓口もしくはお電話でどうぞ。
是非ご参加下さいますよう、お待ちしております。
                                      草々     
平成22年9月吉日 
こぶし脳神経クリニック 院長
 
                      – 記 –
日時:11月7日(日) 午後1時30分より(受付は午後1時から)
午後3時すぎ終了予定です。
場所:めん心堤屋
(同じビルの2階です。つまり当院の玄関を出て左手のお店です。)
出演:立川落語会、立川亭ポ蘭ほか
内容:落語2~3席(予定)
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
042-548-1374
松山 眞千


時間の長短

時の経つのは早いものです。
それが楽しいひと時ならなおのことです。
光陰矢のごとし、などという言葉もあります。
ところが、待つ時間は長く感じられます。
特に不安があったり、苦痛があるのならさらに長く感じられます。
病院や診療所の待合室で診察の順番を待つ場合も長いですよね。
(私も患者の立場で医療機関を受診するといつも思います。)
そこで、当院では待ち時間が長くならないように工夫をしておりますし、努力もしております。
また、待ち時間が気なる方のために予約優先制の診療を導入しております。
でも、混雑時や、重い病状の患者さんを優先的に診療しなければならない場合など、皆様をお待たせしてしまうことが多々あります。
お詫びを申し上げるとともに、退屈しのぎの一助になることを願って、院内に電子掲示板と称してコンピュータで色々な小話や画像や医学的な情報などを提供しております。
また、配布しているご案内の裏面に、「裏面の健康うら話」と題して、色々なお話を取り上げて、回を重ねてまいりました。それらのバックナンバーを一冊のファイルにまとめて待合室においてあります。(この「裏話、蛇足、等々」でも、2月遅れですが、それらを順次ご紹介しております。)
しかし、やはり待つ時間は長いですよね。
なるべくお待たせする時間が長くならないよう、今後も努力を重ねてまいります。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


急ぐとも…

よく行くお店のお手洗いの壁に…
 <急ぐとも 心静かに 手を添えて
  外にもらすな 松茸の露>
…と書かれた張り紙がありました。
「はいっ、汚さないように気をつけます」
っていう感じですね。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千