裏話 第1話 「薬の不具合について」~~副作用などについて

裏面の健康うら話 第1話
「薬の不具合について」~~副作用などについて (2009年10月作成)
(1)どういう可能性があるの?
薬を飲んでいて不具合が起きることがあります。
それは、一般的には「副作用」と呼ばれております。
その中には、本当の副作用とそうでないものがあります。
では「そうでないもの」とは何でしょうか?
・心理的なもの(自分は薬に弱いと思いこんでいる、薬は怖いものだと思いこんでいる等の場合)
・時を同じくして偶然に起きたほかの病気または、薬以外の他の原因で起きた病気
…などです。これらは副作用とはいえません。
したがって、薬を飲み初めて不具合が起きたときには、すぐに薬の副作用だとは断定できません。
もちろん、薬の副作用である可能性も多いのです。
では、どうしたらよいのでしょうか?
(2)不具合が起きたときの対応
 当院から処方された薬を使用して何か不具合が起きた場合は、まず、すぐに来院くださるか、連絡ください。連絡先は薬を受け取った薬局でも当院でも結構です。そのときには、次のことをいたします。
(2-1)副作用かどうかの判断
 副作用でないと判断されたら、お薬は続けることとし、その不具合を対処します。お薬を出す場合もありますし、専門医を紹介する場合もあります。
 もし、副作用なら次の(2-2)へ進みます。
(2-2)副作用であった場合、それについての対処
 そのお薬の役目が終わっていたら、単に中止とします。副作用があったものの、まだそのお薬が必要な状況ならば、代わりの薬(類似の作用の別の薬)を処方します。
 まとめますと、大切なことは「お薬を使って、不具合が起きたときには、まず、すぐに連絡くださるか、来院ください。」ということです。
※院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。バックナンバーのネット上公開版です。
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


裏話 第0話 「はじめに」

裏面の健康うら話 第0話
「はじめに」
当院では、初めて受診された方や、久しぶりに来院された方へのご案内を、窓口でお渡ししております。診療時間や当院からの連絡事項やお願いなどを書いたご案内です。
その裏面に、「裏面の健康うら話」と題して、色々なお話を取り上げて、回を重ねてまいりました。約2ヶ月に1回内容を新しいものに変えてきました。
主に健康に関する一般的な話題について書いてまいりましたが、今後は、まさに医療の”裏話”も取り上げてゆきたいと思っています。
過去の物を読みたいというご要望も頂戴しましたので、現在は1冊のファイルにまとめまして待合室に置き、自由にお読みいただいております。ご希望の方には、コピーも差し上げております。
この度、この「裏話」シリーズを、こちらでも公開することにしました。院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。すなわち、バックナンバーのネット上公開版です。
「裏話」シリーズをお読みいただくと、当院のことをご理解いただく一助にもなるのではと思います。お時間のあるときに、下記の当院ホームページも併せてご覧下さい。
今後とも宜しくお願いいたします。
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


ごあいさつ

こぶし脳神経クリニック院長の松山です。
このたび、このページを開設いたしました。
ブログの形態をとっておりますが、ブログではありません。内容は不定期に更新してまいります。
医学情報や医療裏話、ちょっとついでの一言(まあ蛇足みたいなものです)等を書いてゆきたいと思います。
なお、「裏話」は、院内で配布している案内の裏面に「裏面の健康うら話」とシリーズで書いているお話です。こちらでも公開することにしました。
(公開して後悔することにならなければいいのですが…。)
また、待合室にパワーポイントで作成したご案内を流しております。(電子掲示板と称しております。)その内容の一部もこちらで順次ご紹介してゆきたいと思います。
ときには、ジョークなどや私が所属している「日本笑い学会」で得た情報なども書いてみたいと思います。
ご興味がありましたらお時間のあるときにお立ち寄り下さい。
宜しくお願いいたします。
== こぶし脳神経クリニック ==
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千