裏話 第6話「脳神経外科と神経内科の違い」~~精神神経科との違いも…

裏面の健康うら話 第6話 
「脳神経外科と神経内科の違い」~~精神神経科との違いも…(2010年8月作成)
 よく「脳外科と神経内科の違いって何ですか?」という質問を受けることがあります。また、神経内科受診を勧めると、「精神科ですか?」とか「神経科ですか?」と尋ね返されることがあります。今回はこの辺のことについて述べたいと思います。
(1)名称について(略称についても)
 最初に略称と正式名称の関係などについて書きます。トップバッターは脳外科です。脳外科の正式名称は脳神経外科で、当院の院長は脳神経外科の専門医です。次は神経内科です。神経内科は病院によっては脳神経内科と呼ばれることもあります。
 もう一つは、精神科です。精神科の正式名称は精神神経科で、時に神経科という言い方をする病院もあります。うつ病などの心の病気を扱う科です。「メンタルクリニック」の先生のほとんどは精神神経科の医師です。ときに「心療内科」と標榜していることもあります。
(2)他の科でたとえると(消化器や呼吸器などでは)
 本題の脳外科と神経内科の違いについて説明する前に、他の科の例を出したほうが分かりやすいので、そちらからお話しいたします。
 たとえば胃腸の病気です。胃潰瘍とか肝炎などの病気は消化器内科で診療いたします。でも、胃癌とか大腸癌などの手術が必要な病気が見つかったら外科(消化器外科)へ紹介されます。つまり手術しないものを消化器内科で、手術するものを消化器外科で診ているわけです。
 次に肺の病気を例に挙げます。肺炎、気管支炎、喘息などは呼吸器内科で診ます。でも、手術しなければならない病気(肺癌など)が見つかったら呼吸器外科で治療することになります。
 (3)つまり、脳神経外科と神経内科の違いは…
 脳外科と神経内科の関係もこれに似ています。神経内科では手術しない神経系や脳の病気を扱います。脳梗塞、髄膜炎、筋ジストロフィー、アルツハイマー病やパーキンソン病などです。
 脳神経外科では、手術が必要な脳の病気(脳腫瘍、くも膜下出血、水頭症)や頭部外傷の患者さんを診ます。神経内科でこれらの病気が見つかって脳神経外科に紹介されることもあります。
 神経内科の病気は聞き慣れないものが多いので、はじめに消化器や呼吸器を例に出しました。なお、脳梗塞や脳出血などの病気は神経内科と脳神経外科の両方で診る場合もあります。
▼▽▼ 過去の「裏面のうら話」をご希望の方はスタッフまでお声をおかけ下さい。 ▼▽▼
※院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。バックナンバーのネット上公開版です。 
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


向上心

 チャップリンは「ベストな作品は?」と尋ねられると,「次回作」と答えていたとのことです。
 また,かなり長寿だった葛飾北斎は,晩年「あと5~10年生きていれば…」と言っていたそうです。もっと上達して素晴らしい作品を残せたのに…ということなのでしょう。
 向上心を忘れず一歩一歩,前に進みたいものですね。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


初めてこちらを訪れた方へ

こぶし脳神経クリニック院長の松山です。
このページは2010年7月にオープンしました。(ちなみに、クリニックの開院は2008年5月です。)
こちらの見方を簡単にご案内します。
(1)何が書かれているの?
ブログの形態をとっておりますが、ブログではありません。内容は不定期(1週間に1回プラスα)に更新してまいります。
医学情報や医療裏話、チョットついでの一言(まあ蛇足みたいなものです)等を書いてゆきたいと思います。
なお、「裏話」は、院内で配布している案内の裏面に「裏面の健康うら話」とシリーズで書いているお話です。こちらでも公開することにしました。
また、待合室にパワーポイントで作成したご案内を流しております。(電子掲示板と称しております。)その内容の一部もこちらで順次ご紹介してゆきたいと思います。
ときには、ジョークなどや私が所属している「日本笑い学会」で得た情報なども書いてみたいと思います。
ご興味がありましたらお時間のあるときにお立ち寄り下さい。
(2)どういうふうになっているの?
カテゴリー分け等について簡単にご説明いたします。
「★初めての方へ」:すなわちこのページです。そのほか、当院についてのご案内もこのカテゴリーに入ります。
「ご案内など」:当院、このページに関するご案内や、イベント情報などです。
「蛇足・ユーモア」:面白い話、ジョーク、チョットよい話(心温まるストーリー)、チョット興味を持った事柄(ユーモアに限らず)等です。
「至言・格言」:心に響いた言葉、う~んと唸ってしまう一言などです。
「裏話」:当院では、初めて受診された方や、久しぶりに来院された方へのご案内を、窓口でお渡ししております。診療時間や当院からの連絡事項やお願いなどを書いたご案内です。その裏面に、「裏面の健康うら話」と題して、色々なお話を取り上げて、回を重ねてまいりました。約2~4ヶ月に1回内容を新しいものに変えてきました。主に健康に関する一般的な話題について書いてまいりましたが、今後は、まさに医療の”裏話”も取り上げてゆきたいと思っています。その「裏話」シリーズを、こちらでも公開しています(院内で配布した原稿をそのまま掲載しております)。すなわち、バックナンバーのネット上公開版です。
冒頭にブログでない、と書きましたが、やっぱりブログかも?
以上です。宜しくお願いいたします。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


「河状係数」

 記録的な猛暑もひと段落で、本日は日本全国的に雨模様ですね。
 さて、表記の言葉「河状係数」ですけど、聞きなれない言葉ですよね。ふつう河川を説明するのに使われるのは,「長さ」や「流域面積」,または「勾配(水源から下降までの高低差/長さ)」などです。しかし,先日この「河状係数」という言葉を知りました。
 日本では毎年のように河川の急な増水で被害にあったり、命を落とされてしまう方がいます。日本の河川が持つ宿命的な危うい構造が潜んでいるというのです。それを示すのが河状係数だそうです。利根川=850、筑後川=304、最上川=304、セーヌ川=34、ナイル川=30、ライン川=15、テムズ川=8。日本では名だたる大河でも、外国の川に比べると、数十倍から100倍も数字が大きいのです。
 河状係数とは、川の最大流量を最小流量で割った値のこと。すなわち、年間でその川の流量がどれだけ変動するかを示す数字です。利根川は、いちばん少ないときに比べ、850倍もの水が流れるというわけです。これは急峻(きゅうしゅん)な地をかけ下る日本の川の宿命で、中小の河川では数字はもっとはね上がるかもしれませんね。
 自然の力を甘くみてはいけませんね。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


第3回お楽しみ会のご案内 ★★予告★★

第3回お楽しみ会のご案内 ★★予告★★

前略
記録的な猛暑も終わりに近づきつつあります。
さて、「笑う門には福来たる」と「笑顔と感謝は幸福と健康のもと」という、当院の理念のもと、過去に2回お楽しみ会を催しましたが、ご好評につき、第3回を企画いたしました。
立川落語会の方をお招きし、落語を楽しんでいただこうと思います。
是非ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

草々     

平成22年9月吉日 
こぶし脳神経クリニック 院長

 
– 記 –

日時:11月7日(日) 午後1時30分より(受付は午後1時から)
午後3時すぎ終了予定です。
場所:めん心堤屋
(同じビルの2階です。つまり当院の玄関を出て左手のお店です。)
出演:立川落語会、立川亭ポ蘭ほか
内容:落語2~3席(予定)
 ★予約受付は10月より開始の予定です。(演目が決まりましたらアナウンスをいたします。)
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


裏話 第5話「耳鳴について」~~一部は神経痛と似ている?

裏面の健康うら話 第5話 
「耳鳴について」~~一部は神経痛と似ている?(2010年6月作成)
当院を「耳鳴」で受診される患者さんにお尋ねすると、脳に異常があるのでは?と心配で来院される場合が多いようです。耳鳴については、最初に「耳鳴は難しいのです。そして、主に耳鼻科が専門です」とお話することがあります。今回は、この”難しい”耳鳴についてです。
(1)音を聞く仕組み:
まず、私たちの耳に入った音は鼓膜を振動させ、その奥の中耳を経て内耳で神経の信号に変換されます。その信号が神経を伝って脳に届き、音として感じます。この神経を聴神経と呼びます。
(2)脳は聞こえない:
頭の中で音がするので脳に問題があると考える人がいますが、脳には音を感じるセンサー(いわゆる耳、マイク)はありません。ですので、耳鳴は原則的に「耳」または「神経」で感じています。ステレオヘッドフォンで音楽を聴くと頭の中で聞こえる感じがするのは、その理屈です。
 (3)耳鳴には大きく2種類ある:耳で聞いているものと神経で感じているもの
 (3-1)耳で感じている耳鳴(つまり鼓膜が振動している)
脳の中の血管が細くなる等して、血の流れる音がザーッザーッと雑音として聞こえる場合などです。脳血管などの精密検査や治療が必要になる場合があります。他にはゴミや水が入り、雑音が耳鳴の原因となったり、中耳の異常で生じるものもあります。これらは耳鼻咽喉科が専門です。
 (3-2)神経で感じている耳鳴(つまり鼓膜は振動していない)
炎症やケガなど痛みの原因となる状態ではないのに、知覚神経が勝手に興奮して、痛みの信号を脳へ送ってしまうために、痛みを感じてしまうのが神経痛です。
それと同様に、鼓膜は振動していないのに(実際の音はないのに)、耳から音の信号を伝える聴神経が勝手に興奮して、音を感じているかのように脳へ信号を送ってしまうために耳鳴として聞こえてしまうのです。タイトルの横に神経痛と似ていると書いたのは、このタイプです。難聴に伴う耳鳴もあり、この場合も必要に応じて耳鼻咽喉科を紹介いたします。
意外と多いのが生理的耳鳴といわれているものです。これも神経で感じているタイプです。誰にでもあるのですが、気にならないだけです。セミの鳴き声のように、または、キーンと聞こえたりもします。昼間騒がしいときや何かに集中しているときには聞こえません。でも夜になり静かになると聞こえてきます。私(院長)も子供の頃から聞こえておりました。成人して初めて気づくと気になって仕方がないという場合がほとんどです。これが難しい耳鳴の正体の一つです。
▽▼▽ 過去の「裏面のうら話」をご希望の方はスタッフまでお声をおかけ下さい。 ▽▼▽
※院内で配布した原稿をそのまま掲載しております。バックナンバーのネット上公開版です。 
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


日陰の多いルート

毎日暑い日々が続いております。
午後に、立川駅から当院まで起こしになる場合に比較的日陰の多い道があります。
それをご案内いたします。(午前の早い時間はどの道も東からの日差しが照ります。)
立川駅南口を背に右手にマクドナルドが見えます。
その脇をモノレール沿いにまっすぐ歩きます。
みずほ銀行のATMコーナーや交番の前を通り過ぎます。
ひとつ通りを渡り、PREGOというパチンコ屋さんを通り過ぎ、
モノレール立川南駅からのエスカレータの横を過ぎて(※)、
2つ目の角(資格の大原という専門学校の手前角)を右に曲がります。
そのまま真っ直ぐ進むと、当院の前まで来ます。
お気をつけてお越し下さい。
※)モノレール立川南駅からエスカレータを降りるとこの場所へ来ます。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千


最後の挨拶

 以前参加した観光旅行でのお話です。最終日に,終点の広島駅に着く直前に,
バスガイドさんがマイクを持ち、最後のアナウンスをしました。
「萩焼いかがでしたか?お茶碗,カップ,お皿色々お買い求めになったと思います。
まず,お家に帰られたら実際に使う前に煮て下さい。ナベに入れて,水から加熱する
んです。沸騰してから30分です。これを2回繰り返してください。そうするといいそ
うです。萩焼の器は使いこんでいくうちにだんだん色が付いて味が出てきます。
 もし何かの事情で,誰かに投げつける事もあるかもしれません。すると,割れてし
まうこともあるでしょう。そうしましたら,また萩焼を買いにこちらまでいらして下さい。
 その節は,私ども▲▲観光バスを是非またご利用下さいますよう,社員一同心より
お持ちしております。」
…なんだよ,これが最後の挨拶かい!?
 車内爆笑でツアーが終わりました。
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千