ゴルフのハンディー

突然ですが、今回はゴルフのハンディキャップについてです。
その前に…私は最近ほとんどゴルフをしておりません。以前よく行っていた頃の話です。
(よくやっていたとは言っても、そんなにやっておりませんでした。恥ずかしいのでスコアは明かしませんが、少なくともゴルフとボウリングのスコアが反対ならいいなと願っておりました(汗)。
さらに、ゴルフのスコアを計算するときによく足し算を間違えました。そんなスコアでした。(飲んだ後の会計時の割り算は間違ったことあまりありません。??))
さて、話をハンディキャップに戻します。ゴルフのハンディといえば、ゴルフ場の公式なものや、初めて集まるメンバーの間で行われる(ダブル)ペリア方式などが知られています。
他には(多少出入りが合っても)ほぼ固定しているメンバーで繰り返し行われるコンペでは、一定のハンディーがあり、優勝や準優勝するたびに一定の割合で減ってゆく方式があります。初心者や新入会員は「36」で、かつ優勝資格は除外というルールを採用している場合が多いようです。(新入会のゴルフ経験者が予想外によいスコアーで回る場合もあるからです。)
ここで、色々なコンペに参加していましたが、このルールは良いなぁというのがあったので、ご紹介致します。
先ほど少し書きましたが、ある程度メンバーが固定した集団で時にメンバーの出入りがあるというコンペ限定です。
どういうルールかというと、まず、最初は「36」です。そして、初回は優勝資格はありません。優勝するとハンディーは20%減、準優勝すると10%減です。そして、参加しても優勝も準優勝もできなかった人は、ハンディーが「1」アップです。参加してというのがミソで、全員が「1」プラスというわけではないのです。
すると、参加し続けると、いつか優勝のチャンスが巡ってくるというもので、結構公平でいいかな?と思っています。
このシステムは個人的には良いと思うのですが、いかがでしょうか?
●蛇足:
・人間の本性は善である。
 人間は忘れっぽく、怠け者で、
 軽薄で、浅はかであるのだから。
~~ヴァレリー
◎蛇足2:(ホントのオマケです。読み飛ばしてください。)
<英文ジョーク>
~~英語の学習のために個人的に読んだ物をご紹介します。三日坊主になるかも?
「Back Seat Johnny」
A woman was driving her old beat up car on the highway with her 7 yr. old son, Little Johnny.
She tried to keep up with traffic but they were flying by her. After getting caught in a large group of cars flying down the road she looked at her speedometer to see she was doing 15 miles over the speed limit.
Slowing down, she moved over to the side and got out of the clump that soon left her behind. She looked up and saw the flashing lights of a police car. Pulling over she waited for the officer to come up to her car.
As he did he said, “Ma’am do you know why I pulled you over?”
Little Johnny piped up from the back seat, “I do! Because you couldn’t catch the other cars!”
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■現在、こちらへのコメント書き込みは受け付けておりません。


トイレの照明

 最近ふと思うのですが,多くのお手洗いには天井に照明が1つしかありません。まあ便所内の明るさという点ではそれで充分です。
 だいたいが天井の中央に電球が1つあるというパターンです。そして,それは往々にして便器の直上になります。すると,便器を覗き込むと自分の頭が陰になり便器の中に光りが届きません。つまり便器および便器の中をよく見ようとすると暗いわけです。
 ちなみに,どういう時に、頭を便器に近づけて,便器内よよく見ようとするかというと…
・便器を掃除するとき
・便の性状を確かめるとき
・その他
…です。
※便の性状を確かめるのは,健康状態のバロメータとなるので,時によって,人によってとても大切です。(色がどうか、血が混じっていないか、硬さはどうか、等々です。)
 さて,解決策としては,光源を増やす,つまり電球を増やすということになります。具体的には、複数の電球(2つで十分と思いますが)を距離を空けて設置します。増設するよりも設計段階から実現すると美しい仕上がりになるわけですよね。
 ここで,提案です。ご家庭ならびに医療機関(場合によっては福祉施設でも)で,お手洗いを作るときには,天井に照明を2箇所設けるというのは,いかがでしょか?
 どなたか設計の仕事なさっているかたコメント下さいませんか?
<追記:その1>2013-01-27(1-28加筆)
 あの後、子ども向けに職業を紹介する新聞の連載記事で、某便器メーカーで設計を担当している人が取上げられている回がありました。それを読んでいてあることを思いつきました。
 ここまでお読みになれば分かった方もいると思いますが、便器に照明をつけるというアイディアです。跳ね上げた蓋の裏面でもいいですし、タンクの前面でもいいです。そこに便器内を照らすランプがあれば、問題が解決します。
 TOTOさん、LIXILさん(旧INAXさん)いかがですか?ニーズはあると(私は勝手に)思うのですが…。このアイディアただで使っていいですよ(笑)。もし製品化したら、(すぐではなく)次の買い替えのときに間違いなく私は購入します!
 …と書いた後にネットで検索してみたら既に照明付の便器は商品化されていました(汗)
<追記:その2>2013-01-27
消化器内科を専門にしている友人から下記のコメントを頂戴しました。一部を抜粋します。
~~~以下抜粋1~~~
僕も自分のウンチを毎日見ていますが、不自由を感じていません。
その理由を考えてみました。
・くみ取りではなく水洗トイレを使っている
・昔よりトイレの照明は明るくなった
・便器が白色系なのでウンチの色が見やすい
・トイレの壁が白色系なので反射した光がウンチを照らす効果がある(ようだ)
~~~抜粋1ここまで~~~
…なるほどお。
そして,専門医として下記のご説明も頂戴しました。
~~~以下抜粋2~~~
便の観察項目について:
・色:閉塞性黄疸で便の色が白いかという教科書はありますが、便が白いという主訴
の患者さんはいなかったと思います。問診で白いかと聞いたことはありますが。
色で問題になるのはタール便くらいかと思います。
・血液:血液の付着については直腸癌・大腸癌発見の指標になるというのは、先生の
おっしゃるとおりと思います。血便でも血尿でも、トイレでの血液は便にしろ尿にし
ろ、患者さんの主訴・愁訴となることが多いです。血液はトイレの水に広がるので少
量でもよくみえると思います。
・形:論文は忘れましたが血液付着と同様に大切なのは円柱形をしていない便が出る
ときには直腸癌・大腸癌に気をつけるという記事がありました。便の通り道に腫瘍が
あると円柱状(輪切りにして円)の便が出なくなるというものです。
~~~抜粋2ここまで~~~
…有り難うございました。
●蛇足:
・世の中には善人とか悪人とかがあるわけではない。
 ただ、場合によって善人になったり
 悪人になったりするだけである。
~~アンリ・ド・レニエ
◎蛇足2:(ホントのオマケです。読み飛ばしてください。)
<ジョーク>
ホストクラブなどで景気良く高級洋酒のボトルの栓が開けられます。
私なんかは飲んだこと無いけど、たとえばドンペリとか…
で、お金はたっぷりあるので、勘定はおおざっぱ。
まさにドンペリ勘定(どんぶり勘定)
…なんちゃって。
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■現在、こちらへのコメント書き込みは受け付けておりません。


裏話 第16話 「サメとワクチン」~~数で比べると…

裏面の健康うら話 第16話 
「サメとワクチン」~~数で比べると…(シリーズ「笑いと健康」はお休みです)
(2012年08月作成)
 むかし人食いザメが人を襲うパニック映画がありました。あの有名な「ジョーズ」です。子供の頃その映画を観た私は、その晩は思い出して恐くて寝られなかったのを覚えています。
 ところで、海へ行ってサメに喰われてしまう確率よりも、家から海岸までにたどり着く前に交通事故等で死亡する確率(数)の方が圧倒的に多い、ということをご存知でしたか?また、サメが人を殺す数よりも、人に殺されるサメの数のほうが圧倒的に多いのです。
 上記を読んでも、やはりサメの方が危険だと思ってしまう人も多いかもしれません。サメに喰われる方が、交通事故に遭うよりも、怖いし嫌ですよね?(そうでない人もいるでしょうが…)
 さて、ちょっと話題を変えてワクチンのお話です。ワクチンは原則的にその病気にかかると危険な病気について作られます。(逆にそういう病気でなければワクチンを作る必要はありません。)日本脳炎や麻疹、風疹などは、死亡する可能性、あるいは重大な障害を残す可能性があります。インフルエンザも体力が無いお年寄りがかかると死亡してしまうことがあります。
 ここで、ワクチンの副作用のため何百万人に1人の割合で重大な障害や死亡事故が生じた場合、私たち(あえて以下は「世間」と書きます)は、過剰に反応してしまうことがあります。でも、そのワクチンを実施しなかったら、より多くの人が死亡してしまうというのも事実です。
 世間の反応は分かれるでしょうが、ワクチンのトラブルで死亡した場合には、「予防のための手段で死亡するのは何事だ!あってはならない!」という反応の方が、どちらかといえば多いと思います。一方、ワクチンを受けていないためにその病気にかかってしまい死亡した場合には「病気のために亡くなったので仕方がない」あるいは「お気の毒に」となるでしょう。
 薬の副作用による死者の数とその薬の恩恵で助かった人の数でも、同様のことが言えるでしょう。でも、ワクチンや薬における恩恵と副作用の対比のお話は、サメと交通事故数との関係の話と似ています。(感覚的に感じる危険率と実際の危険率との間に差があるわけです。)
 ワクチンの実施や薬の認可等の管理は役所が行っています。時に政治も関与します。でも、世間(世論)がその判断に影響を与える場合が多いのです。何が正しいかという話でなく、どういう判断をするか(どちらを選ぶか)というお話しですね。より良い判断をしたいものです。
 今回の裏話は、医療事情裏話になってしまいましたが、このお話に結論はありません。ただ、私たち一人一人がシッカリ知って考えることが大切だ、ということは少なくとも言えそうです。
▽▼▽ 過去の「裏面のうら話」をご希望の方はスタッフまでお声をおかけ下さい。 ▽▼▽

●蛇足:
・悪は山頂の転石のように、最初は子供でも押せるが、
 それを止めることは巨人でもできない。
~~トレンチ
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■現在、こちらへのコメント書き込みは受け付けておりません。


失敗のサンドイッチ

別に作り間違えた(食べる)サンドイッチの話ではありません。
「失敗」の前後を何かで挟むという話です。
よく、「失敗を恐れずにやろう」って言われることがあります。
ある意味正しいですが、一定の条件を満たしている場合に限定されると思うのです。
どういうことかというと、
何かをする前に十分準備して、あるいは良く考える。
その上で、決断したら、失敗を恐れず実行する。
もし、うまく行かなかったら、反省して、次への改善策を考えればよい、というわけです。
そうすれば、失敗を恐れずドンドン実行してもいいと思います。
まあ、当然の話ですよね。
いけないのは、十分考えずに実行にうつす。
あるいは、失敗した後、後悔するだけで、何も次へつなげない、ということです。
最悪は、何も考えずに、何かして、失敗して、そのまんま、というパターンですよね。
ということで、タイトルに戻りますが、「失敗」の前に「十分な準備&熟慮」、「失敗」の後に「反省と次への改善策または教訓を得る」において、「失敗」をサンドイッチすれば、どんどん物事を実行しても良いと思うのです。
で、「失敗のサンドイッチ」をキーワードにGoogleで検索してみましたが、どなたも、この意味でこのワードは使っていないようなので、とりあえず私のオリジナルにさせていただきます(笑)。
(この概念は古来から言われていることですけどね。(汗))
●蛇足:
・善を行なうには努力を必要とする。
 しかしながら、悪を抑制するにはいっそうの努力が必要だ。
~~トルストイ
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■現在、こちらへのコメント書き込みは受け付けておりません。


謹賀新年:へび年ですね。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
 
さて、今年はヘビ年です。
ご存知の方も多い方お思いますが、この「ヘビ」、医療の象徴として用いられております。
ウィキペディアで「アスクレピオスの杖」を検索すると…
「アスクレピオスの杖(アスクレピオスのつえ、英語: Rod of Asclepius)とは、ギリシア神話に登場する名医アスクレピオス(アスクレーピオス)の持っていた蛇(クスシヘビ)の巻きついた杖。医療・医術の象徴として世界的に広く用いられているシンボルマークである。」という記述があります。
ちなみに、WHOや日本医師会、救急隊のシンボルマークにはヘビが用いられております。
(参考)
http://www.who.int/en/
WHO
http://www.med.or.jp/
日本医師会
蛇は脱皮をすると元通りの傷一つない姿に戻るという性質を持っているため、若返りを連想させたであろうという説が信じられているようです。
なにはともあれ、今年も皆様が健やかに過ごされますことをお祈りい致します。
改めて本年も宜しくお願いいたします。
 
●蛇足:(毎度の「蛇足」ですが、これも「蛇」の「足」ですね。)
・苦悩の美徳を教える僧侶に耳を傾けるのをやめようではないか。
 なぜなら快楽こそ善だからである。
~~アナトール・フランス
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■現在、こちらへのコメント書き込みは受け付けておりません。

優先席あれこれ

 昨今、優先席周囲のマナーがよろしくないと言われることがあります。お年寄りが前に立っても全く譲ろうとしない若者などです。(若くても本当に疲れていて譲りたくないということもあるでしょう、自主性に任されています。お年寄りが座っている人に対して、譲るのが当然だというような感じのことを言っているのを目撃したことがありますが、それもいかがなものかと思ったりします。)
 そんなわけで、優先席を最初から敬遠している人もいるようです。実は私もそんな一人でした。あるとき、友人と電車に乗ったときのことです。「あっ、空いてますね。座りましょう」と言われました。「でも、優先席だよね」と私が言うと、「誰か来たらそのとき譲ればいいじゃん」というのです。なるほど、と思って座りました。
 さて、徐々に優先席の需要(?)が増えているようですね。高齢化の影響でしょうか?先日新聞に書いてありましたが、優先席の座席数も実際に増えているようです。
(横浜市営地下鉄は優先席は無かったそうです。「全てが優先席ですので、車内どこででもお年寄りやお身体の不自由な方に、皆さんが席を譲って頂きたいと思います」と以前横浜市長が言っていたとか?でも、最近は席を譲ってもらえないという高齢者の苦情などがあったなどで、7月に「最優先席」という名前の優先席を新設したとか?)
 ところで、先ほど高齢化と書きましたが、徐々に皆さん年齢を重ねます。当然ですが若い人は席は譲られないと思います。でも、あるとき、席を譲られる年齢が訪れるわけです。電車に乗っていて自分はまだ若いと思っていても「どうぞ、おかけください」と初めて言われる日、すなわち「譲られデビュー」の日がいつかは来ます。そのときに狼狽する方がいるそうです。「自分はまだそんな年ではない」と、かたくなに拒んでしまったりとかするそうです。素直に譲られるまま座ったにしても「そんな年に思われてしまった」とショックを隠せない人がいるそうです。(今日の時点で私はまだ席は譲られたことはありません。)
 また、お年寄りでも、体を鍛えたい(筋力維持)という目的で電車内ではなるべく立つようにしているという方もいらっしゃるようです。そのような方も譲られた場合「いえ、結構です。私は大丈夫です」と断るようです。席を譲ろうとして断られると気まずいことがありますよね。立ち上がった人も再び座らず立ったままだったりと…。
 私が席を譲ろうとしたときに断られることがたまにあります。そういう時は、もう一度丁寧に促して、それでも断られたら、「そうですか、では遠慮せず」とか言いながら、私はあっさりと、もう一度座る場合が多いです。
 お隣の韓国では、儒教がベースにあるためなのか、お年寄りを大切にするそうです。電車でもお年寄りに席を譲る光景をよく見るそうです。日本と比べて、譲られたお年寄りはありがたく座る場合が多いようです。お年が快く譲られることによって、若い人への教育にもなっている、というお話を誰かから聞いたことがあります。譲られ上手でマナーを教えているわけですね。 
 ダラダラと書きましたが、優先席について改めて考えてみる必要がありそうです。
●蛇足:
・「びっくりオニオンスライス」
ある居酒屋で「びっくりオニオンスライス」
…というのを注文したら,
酢メシの上にタマネギが乗っていた。
酢ライス→スライスのつもりか?
「びっくり」が頭に付いている意味が分かった。
でも,なぜか,まあまあ美味しかった。
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■現在、こちらへのコメント書き込みは受け付けておりません。


♯(シャープ)と#(ナンバー)の違い

 ♯(シャープ)と#(ナンバー)についてです。
 突然ですが、似ているこの2つは全く違う別物なのです。いわゆる「似て非なるもの」です。
 まず、「♯」です。これは「シャープ」で、音楽記号です。
 半音上げるでしたっけ?(音楽は得意でないので(汗))縦がまっすぐで、横線が斜めになっています。
 次に、「#」です。これは「ナンバー」で、「No.」と同じ意味です。
 横線が真直ぐで、縦線が斜めです。アメリカなどではアパートの部屋番号などにも#が使われています。
(挿入小話:米国に住んで間もないTさんは「面白いよね。アメリカの住所に井川ってあるんだよね」と。よく見てみると「#111」で「111号室」の意味ですが、それがTさんには「井川」に見えたみたいです。おしまい)
 さて、よくあるのは、「○○計画書」とか「問題点リスト」なを読み上げるときに、「#1、なになに」と書いてある場合、「シャープ1、なになに~~です」と読んでしまう場合がありますが、それは間違いです。ここでは、サラリと「ナンバー1、なになに~です」と読むのが正しいわけです。
 パソコンのキーボードとか電話にある「#」も、シャープでなくナンバーなんです。ですので、東京都の救急相談センターの電話番号「#7119 」も、本当は「シャープナナイチイチキュウ」でなくて「ナンバーナナイチイチキュウ」なんですよね。
 この「♯」と「#」で、どの線が斜めになっているのかについて、実は最近知ったばかりなのです。
(おまけ:
 Tさんは英語が全く苦手です。飛行機で食事を選ぶ際に、客室乗務員から、”Beef or chicken?”と尋ねられたときに、Tさんは両手を上下に振り鳥の羽ばたく仕草をして「コケコッコー」と言いました。機内は爆笑でしたが、見事”Oh! Chicken. Yes, ma’am.”と伝わりました。
 そんな、Tさんですが、負けてはいません。家に帰って家族にこう言いました。
Tさん「今日ね、マーケットに行ったら、アメリカでは魚も青い目してるんだよ」
ご家族「えっ、ホントかよ?」
Tさん「ウソだよ~、そんなワケないじゃん」
ご家族「・・・」
以上、おまけでした。)
●蛇足:
・善には常に悪が混じっている。
 極端な善は悪となる。
 極端な悪はなんの善にもならない。
~~ヴィニィ「詩人の日記」
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■現在、こちらへのコメント書き込みは受け付けておりません。


「おじんギャグ」という言葉

実は私、「おじんギャグ」という言葉が嫌いなんです。
誤解しないでください。笑いとかユーモアは大好きです。
この言葉が嫌いなんです。
なんで「おじんギャグ」という言葉が嫌いかをここで述べたいと思います。
(1)言葉の間違い
まず、意味というか言葉の間違いがあるからです。
「おじんギャグ」イコール「つまらない駄洒落」という意味で使われていると思います。
だとしたら、これは間違いです。
ジョーク(冗談)は、言葉のみです。駄洒落もことばのみですから、ジョークに含まれます。
でも、ギャグというのは、体の動きを伴うもの、あるいは言葉の抑揚や声色の奇矯さを伴うものです。古典的には「ガチョーン」とかタケシの「コマネチ」などです。比較的最近の(でもチョット古いかな?)では小島よしおの「そんなの関係ねぇ」などです。
すると、理屈っぽいのですが、「つまらない駄洒落」を「おじんギャグ」と表現するのは、あまり正しくないと思うのです。
(2)使われている文脈がいやだ
ジョークの多くを占めるのは同音異義語による洒落(シャレ)です。英語ではpunといいます。落語のオチ(あるいはサゲ)の多くをシャレが占めます。ジョークの基本と言っても良いでしょう。
まっ、つまらない駄洒落を連発したならば、冷ややかな視線を浴びせてもいいのです。でも、「あっ、おじんギャグね」という発言には、最初から、なんでもかんでも駄洒落はダメだ、つまらないと、否定的に考えている雰囲気が醸し出されているのです。
この2つの理由で「おじんギャグ」という言葉が好きでないのです。
そうはいっても、面白い面白くないは個人差があります。感性の差、年齢の差、立場の差、色々と関係します。また、くだらない上司が駄洒落を言って、笑いを強要すると、パワハラなどと言われる場合も昨今はあるとか…。
そのようなわけで、クリニック内では、しょうもない駄洒落は言わないように努力しております。駄洒落などは所詮同音異義語ですから、喋ったり話を聞いているとポンポン思いつくのです。昔から私の頭の中はそういう思考回路でした。でも、頭の中で思いついても5個から10個に1つしか口に出しません。
それで、その5個から10個に1つが面白いかというとそうとは限りません。ついポロリと出てしまうのです。その場で我慢できないときについ口をついて駄洒落が出てしまうのです。うちのクリニックのスタッフは院長の駄洒落につきあわされていると思うと、申し訳ない気持ちになります。
これ以上書くとキリがないので、今回はこの辺でおしまいに致します。
以上、真剣に語るべき内容ではないのは重々承知の上、子供のようにムキになって書いてみました。
●蛇足:
・「どんな哲学で生きてきたか?」という質問に答えて
 1.自分の可能性に限界を引かない
 2.行動に移す
 3.めげない
 4.優先順位をつける
 5.集中力を養う
~~米沢富美子(理論物理学者:慶應義塾大学名誉教授)
 同氏の手記(新聞記事)より
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■現在、こちらへのコメント書き込みは受け付けておりません。


謹賀新年

本年も宜しくお願いいたします。
●蛇足:
 ジャーナリストは、
 真実でないと自ら心得ている事柄を語る。
 しかも、それをしゃべりつづけているうちに、
 真実になるかもしれないと願っている。
~~ベネット
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■こちらへのコメント書き込み受付は終了いたしました。


「鏡」 :ある絵を探しています。

 「鏡」 
リーゼントヘアーの少年は
鏡の前で
髪をといていた。
その少年は櫛を手に
鏡の中の
ポニーテールの少女を見つめていた。
その少女は他の少年に
ジュークボックスの横で
口説かれていた。
その少年は髪をといていたが,
鏡に映っている
自分のことは見ていなかった。
=================
 今回は院長からの個人的なお願いです
 実は,こういう構図の絵を若い頃(30年近く前),あるレストランで見たことがあるのです。甲州街道沿い(仙川のあたりかな?)のストロベリーファームと言うお店でした。一時期流行ったチェーン店です。
 60’s アメリカン的な雰囲気の絵でした。最初この絵を見たとき,その意味は分かりませんでした。リーゼントヘアの男の子が髪の毛をといてる絵,ぐらいな印象でした。何度かその店に通って初めて,上の詩(私の拙作です)の様な,切ない少年の気持ちが伝わってきました。
 何年か後になって,その絵を求めて店の場所へ行ったのですが,そのお店はもうなくなってました。
 その後,その絵を,探し初めて20年ほど経ちますが,未だ見つかっていません。是非探し求めて,買いたいと思うのですが…。
 読者の皆様の中で,手がかりとなる情報をお持ちの方がもしいらっしゃったら,お知らせ下さいませんでしょうか?宜しくお願い致します。
 有り難うございました
※ こちらが初めての方は ↓↓↓
http://www.doctors-guide.com/blog/kobushi/2010/09/23/
★★★ こぶし脳神経クリニック ★★★
http://www.kobushi-clinic.com/
松山 眞千
■■コメントをお書きいただく場合のお願い■■
こちら(「裏話、蛇足、等々…」)に関するコメントのみお願いいたします。
医療相談は一切お受けしておりません。
健康面やご病気でのご相談は診察室でお受けしますので、どうぞ受診なさってください。
もしくは、現在のかかりつけ医の先生にご相談なさってください。